So-net無料ブログ作成

カジイチゴ(梶苺) [花木]

カジイチゴは主に西日本に分布し温暖な地方を好む低木となります。6月ごろに実るオレンジ色の果実は食用となる。花期は4~5月ごろ。
花はノイバラ状で白い花が上向きに咲き、花弁はシワがよります。
茎は若草色、又は赤褐色で太くなると木質化します。キイチゴ属では珍しく、棘を持雉間線が、株が小さい時は棘が生える場合があるようです。
名前の由来は葉の形がカジノキに似ていることからです。

カジイチゴ-1(20190412).jpg カジイチゴ-2(20190412).jpg カジイチゴ-3(20190412).jpg
撮影:2019年4月12日 京都府立植物園にて

カジイチゴ-4(20190419).jpg カジイチゴ-5(20190419).jpg カジイチゴ-6(20190419).jpg カジイチゴ-7(20190419).jpg
撮影:2019年4月19日 京都府立植物園にて

名称:カジイチゴ(梶苺)
科:バラ科 キイチゴ属
園芸分類:樹に咲く花
形態:落葉低木
原産地(分布):関東地方以西の太平洋側、四国、九州
品種名:
草丈/樹高:2~3m
開花期:4~5月
花色:白色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ハルユキノシタ(春雪の下) [山野草]

日本固有種で、本州の関東地方から近畿地方の山地の岩上に生える多年草。
花期は他の多くのユキノシタ属より著しく早く、4~5月に咲きます。花期が近いユキノシタ(5~6月)より早く、早春に咲き出します。ユキノシタに似ていますが、いくつか異なる点があります。
葉は緑色で斑紋がなく、ユキノシタのように紅色を帯びません。葉には、浅い切れ込みがあり縁に鋭鋸歯があり、葉と花茎には腺毛が生えます。

ハルユキノシタ-1(20190414).jpg ハルユキノシタ-2(20190414).jpg ハルユキノシタ-3(20190414).jpg ハルユキノシタ-4(20190414).jpg
撮影:2019年4月12日 京都府立植物園にて

名称:ハルユキノシタ(春雪の下)
科:ユキノシタ科 ユキノシタ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):本州の関東地方~近畿地方
品種名:
草丈/樹高:20~30cm
開花期:4~5月
花色:白色
その他:


nice!(2)  コメント(0)