So-net無料ブログ作成

カラムシ [草本]

 日本に自生し、茎の皮から丈夫な繊維が取れ、古くから栽培されています。林の周辺や道端、石垣などのやや湿った地面を好みます。地下茎を伸ばしながら繁茂するので群落を作ることが多い。刈り取りにも強く、地下茎を取り除かなければすぐに生えてきます。地上部の高さは1mほどですが、半日陰で刈り取りがない環境では秋までに高さ2mに達し、株の根元付近が木化します。地上部は寒さに弱く、霜が降りると葉を黒褐色にしおれさせ枯れてしいますが、地下茎は生き残って翌春には再び群落を形成します。細い茎は葉と共に枯れてしまいますが、太い茎は冬を乗り越え、春に新芽を吹きます。
花は8~10月にかけて咲き、葉柄の根もとに小さな花が房状につきます。雄花と雌花がありますが、雌雄同株で、雌花が株の上のほうにつきます。風によって花粉を運ぶ風媒花で、鮮やかな花びらもなくあまり目立ちません。
別名で「クサマオ」と呼ばれます。昔は繊維を採るために栽培され、その繊維で作った服は戦時中や終戦直後に着られていたとのことです。
古くから植物繊維をとるために栽培されたため、文献上の別名が多く、紵(お)、苧麻(ちょま)、青苧(あおそ)、山紵(やまお)、真麻(まお)、苧麻(まお)などがあるようです。

カラムシ-1(20191001).jpg カラムシ-2(20191001).jpg カラムシ-3(20191001).jpg カラムシ-4(20191001).jpg カラムシ-5(20191001).jpg カラムシ-7(20191001).jpg カラムシ-6(20191001).jpg
撮影:2019年10月1日 京都府立植物園にて

名称:カラムシ
科:イラクサ科 カラムシ属
園芸分類:
形態:多年生
原産地(分布):南アジアから日本を含む東アジア地域
品種名:
草丈/樹高:1~2m
開花期:8~9月
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ミソナオシ(味噌直し) [草本]

低山地の林縁や道端にはえる半低木。ヌスビトハギ属の中では特殊な種類で、葉は3小葉、葉柄には狭い翼があります。柄に狭い翼があります。小葉は長楕円状披針(ひしん)形で長さ3~9cm、先はとがる。8~9月、葉腋の総状花序に小形の蝶形花をつけます。花は白色で淡黄色を帯び、長さ5~6mm。豆果は細長く、扁平で、4~6節があり、緩くくびれます。また、豆果の表面には鉤(かぎ)状の毛が密にあり、これで衣服や動物にくっついて散布されます。
 この面白い名前は、防腐効果のある葉や茎を味噌や醤油の中に入れておくと味が良くなるとか、味噌が腐った時に味が戻るということからのようです。別名のウジコロシやウジクサは、殺菌作用により味噌にわいたウジ虫を殺すのにも利用したことからです。

ミソナオシ-1(20190912).jpg ミソナオシ-2(20190912).jpg ミソナオシ-3(20190912).jpg ミソナオシ-4(20190912).jpg ミソナオシ-5(20190912).jpg
撮影:2019年9月12日 京都府立植物園にて

名称:ミソナオシ(味噌直し)
科:マメ科 ヌスビトハギ属
園芸分類:
形態:
原産地(分布):本州(関東以西)、四国、九州、沖縄県、台湾、中国大陸、インドシナ、ミャンマー、インド、ヒマラヤ西部、スリランカ、マレー半島、スマトラ、ジャワ
品種名:
草丈/樹高:30~90cm
開花期:8~10月
花色:黄白色または緑白色
その他:別名: ウジコロシ、ウジクサ


nice!(2)  コメント(0) 

トバタアヤメ(戸畑菖蒲) [草本]

トバタアヤメは、アヤメ科の多年草となります。自生状態では見られなくなった幻の花と言われています。草丈は10~15cmよ非常に低いです。花色は紫ですが、白花種もあるとか。天然記念物のエヒメアヤメに似ていますが、開花時期や葉脈が浮き出ない等の点で区別されているとのことです。
2009年、日本固有のアヤメの新変種として認定されたとのことです。
トバタアヤメは花茎が短く、葉陰に可憐な花を付けるのが特徴。

和名の「戸畑」とは、明治の末期まで、北九州市戸畑区がまだ原野だった頃に自生していて、その後絶滅したと考えられていたトバタアヤメが、昭和33年に区内の農園で大切に栽培されていたことがわかってから、地域上げて保存と普及の活動されてきた伝説の花とのことで、それが名前の由来です。

トバタアヤメ-1(20190511).jpg トバタアヤメ-2(20190511).jpg トバタアヤメ-3(20190511).jpg トバタアヤメ-4(20190511).jpg トバタアヤメ-5(20190511).jpg トバタアヤメ-6(20190511).jpg
撮影:2019年5月11日 京都府立植物園にて

名称:トバタアヤメ(戸畑菖蒲)
科:アヤメ科 アヤメ属
園芸分類:
形態:多年生草本
原産地(分布):日本
品種名:
草丈/樹高:10~15cm
開花期:5月
花色:紫色
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

ホシケイラン(星恵蘭) [草本]

常緑樹林内の地上に生える地性ランで、花は5~6月に咲きます。花は鮮やかな黄色。花弁はやや細長く、全体に筒状に咲いて花びらは広がりません。唇弁には縦じわが多く、やや赤みが濃くなっています。
ホシケイランは、ガンゼキランの一品種です。ガンゼキランの仲間は日本南部から東アフリカ、マダガスカル、熱帯アジア、日本南部、オセワニアの広い地域に約50種が確認されています。ガンゼキランの中でも、葉に星形の斑が入るものを特にホシケイランと呼んでいます。

ホシケイラン-1(20190426).jpg ホシケイラン-2(20190426).jpg ホシケイラン-3(20190426).jpg ホシケイラン-4(20190426).jpg
この葉の模様が名前の由来

撮影:2019年4月26日 京都府立植物園にて

名称:ホシケイラン(星恵蘭)
科:ラン科 ガンゼキラン属
園芸分類:
形態:多年生草本
原産地(分布):日本、マレー半島、インド、オーストラリア南部
品種名:
草丈/樹高:40~60cm
開花期:5~6月
花色:外側は白色,内側は黄褐色と桃色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ハシリドコロ(走野老) [草本]

日本の本州から四国・九州にかけて分布する多年草。山間の日陰などの湿った木陰に群生します。早春に葉に包まれた新芽を出し、全長は40~50 cm程度に成長します。花期は~5月ごろで、釣鐘状の暗紫紅色の花を咲かせます。夏先には休眠状態に入るため枯れます。夏から冬までは見ることができない典型的な春植物となります。
和名は、食べると錯乱して走り回ること、また、根茎がトコロ(野老)に似ていることから付けられました。

ハシリドコロ-1(20190406).jpg ハシリドコロ-2(20190406).jpg ハシリドコロ-3(20190406).jpg ハシリドコロ-4(20190406).jpg
撮影:2019年4月6日 京都府立植物園にて

名称:ハシリドコロ(走野老)
科:ナス科 ハシリドコロ属
園芸分類:草本
形態:多年草
原産地(分布):日本の本州から四国・九州
品種名:
草丈/樹高:40~50cm
開花期:4~5月
花色:暗紫紅色
その他:別名、キチガイイモ、キチガイナスビ、オニヒルグサヤ


nice!(0)  コメント(0) 

ススキ(芒、薄) [草本]

葉は根際や茎からたくさん出て、線形で細長い。堅くて、縁には鋭い鉤状のぎざぎざ(鋸歯)があり、皮膚などを切りやすいことは多くの方が経験済みですね。
花の特徴としては、枝分かれした枝に、隙間なく小穂が密生し、小穂の先から細長い刺が伸び、鉤のように曲がります。これを芒(のぎ)といい、薄(ススキ)の特徴となります。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着)となります。
ススキは、尾花ともいい秋の七草の一つ。また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本となります。

ススキ-1(20181029).jpg ススキ-2(20181029).jpg ススキ-3(20181029).jpg ススキ-4(20181029).jpg ススキ-5(20181029).jpg
撮影:2018年10月29日 京都府立植物園にて

ススキ-6(20181030).jpg ススキ-7(20181030).jpg
撮影:2018年10月30日 京都府立植物園にて

名称:ススキ(芒、薄)
科:イネ科 ススキ属
園芸分類:草本
形態:多年草
原産地(分布):原産地は中国など東アジアとされ、朝鮮半島、中国、台湾、マレーシアなどに分布
品種名:
草丈/樹高:1~2m
開花期:8~10月
花色:白色、赤色、緑色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ミカエリソウ(見返草) [草本]

低山~山地の林床に生育する落葉低木。地下茎を横走し、高さ50~100cmとなり茎が木化するシソ科唯一の木本となります。
葉は単葉で対生で、楕円形または卵状楕円形であり葉先は鋭尖頭、裏面の脈状に毛が密生します。
先端に長さ7~15センチの総状花序を直立して出し、筒状のくちびる形の花が3個ずつ対生して密につきます。上唇はあさく2裂、下唇はやや長く先は3裂です。
名前「見返り草」は、美しい花なので、通り過ぎたときに人が「見返る」ほどだから、という由来するそうです。でも、残念ながらそれほどでも感じてしまいました、花に失礼かも! 
なお、ほんとは草ではなく木です(冬でも地上部が残る)。

ミカエリソウ-1(20181015).jpg ミカエリソウ-2(20181015).jpg ミカエリソウ-3(20181015).jpg ミカエリソウ-4(20181015).jpg ミカエリソウ-5(20181015).jpg
撮影:2018年10月15日 京都府立植物園にて

名称:ミカエリソウ(見返草)
科:シソ科 テンニンソウ属
園芸分類:
形態:落葉小低木
原産地(分布):本州(福井県以西)
品種名:
草丈/樹高:0.5~1m
開花期:9~10月
花色:紅紫色
その他:別名: イトカケソウ(糸掛草) テンニソウの仲間


nice!(1)  コメント(0) 

トラノオスズカケ(虎の尾鈴懸) [草本]

樹林内や林縁に生育する多年草です。茎は斜上して長さ70~150cm。葉は互生し、長さ10cm程度の楕円状卵形で先は短く尖ります。両面無毛で、葉縁には細かい尖った鋸歯があります。葉腋に短い円錐花序を出し、花期は8~10月で、葉のわきに円錐形の花穂をつけ、多くの紅紫色の小さな花がすき間なくつきます。
和名は、トラノオスズカケのスズカケは、花を山伏が着る法衣についた丸くて大きな房に見立てたものらしい。さらに円錐形をした花穂を虎の尾に形容したもののようです。

トラノオスズカケ-1(20180918).jpg トラノオスズカケ-2(20180918).jpg トラノオスズカケ-3(20180918).jpg トラノオスズカケ-4(20180918).jpg トラノオスズカケ-5(20180918).jpg
撮影:2018年9月18日 京都府立植物園にて

名称:トラノオスズカケ(虎の尾鈴懸)
科:ゴマノハグサ科 クガイソウ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):四国(南部)・九州
品種名:
草丈/樹高:70~150cm
開花期:8~9月
花色:紅紫色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ハナゼキショウ(花石菖) [草本]

関東以西の山地の岩場に育ち、清楚な穂状の白い花をつけます。名前はセキショウに似ることからですが、似るのは花ではなく葉の姿です。なお「セキショウ」の名前は、岩や石に着生して生長することからとのことです。
花茎は高さ10~30cmで、2~3個の小型の茎葉があります。花期は7~8月。白色の花が総状花序に付きます。花被片は線状長楕円形。雄しべは花被片と同長か少し長く、葯は淡紫色です。
京都府では絶滅危惧種に指定されています。

ハナゼキショウ-1(20180820).jpg ハナゼキショウ-2(20180820).jpg ハナゼキショウ-3(20180820).jpg ハナゼキショウ-4(20180820).jpg ハナゼキショウ-5(20180820).jpg ハナゼキショウ-6(20180820).jpg
撮影:2018年8月20日 京都府立植物園にて

名称:ハナゼキショウ(花石菖)
科:チシマゼキショウ科 チシマゼキショウ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):本州(関東以西)、九州
品種名:
草丈/樹高:10~30㎝
開花期:7~8月
花色:白色
その他:イワゼキショウ(岩石菖)


nice!(0)  コメント(0) 

ギンセンカ(銀銭花) [草本]

ギンセンカは、中部アフリカ原産とも地中海沿岸原産ともいわれるアオイ科の1年草で、日本には江戸時代に渡来し、観賞用として栽培されていたと言われています。現在では野生化したものが、畑や路傍にまれに見られるだけになってしまいました。
 茎の高さは30~60cm、葉の形は西瓜の形を連想させるような切れ込みがあり、夏から秋にかけて黄白色の花を付けます。花は朝から昼までの短い命です。
名前の由来は、花の感じを、“銀銭”に見立てたもので、また別名の朝露草(チョウロソウ)は、花が咲いているのが、朝から朝露が消える頃までから朝露にかけたものです。


ギンセンカ-1(20180808).jpg ギンセンカ-2(20180808).jpg ギンセンカ-3(20180808).jpg ギンセンカ-4(20180808).jpg ギンセンカ-5(20180808).jpg
撮影:2018年8月8日 京都府立植物園にて

ギンセンカ-14(20180902).jpg ギンセンカ-16(20180902).jpg ギンセンカ-17(20180902).jpg
撮影:2018年9月2日 京都府立植物園にて

名称:ギンセンカ(銀銭花)
科:アオイ科 フヨウ属
園芸分類:一年生草本
形態:
原産地(分布):中部アフリカ原産とも地中海沿岸原産ともいわれています
品種名:
草丈/樹高:30~60cm
開花期:7~9月
花色:白~淡黄色
その他:別名は、朝露草(チョウロソウ)


nice!(3)  コメント(2)