So-net無料ブログ作成

メリオデンドロン・キシロカルプム [花木]

中国の標高600~1500m程度の森林渓谷斜面に自生が見られるとのことです。樹高は6~20m程度となり。樹皮は灰褐色で不規則に剥離が見られます。
花は4~5月ごろに、葉腋から散形状に葉柄につらない枝に互生します。花色は蕾時には淡桃色で、開花時には白色となります。
花後の果実は卵形から梨形で、形状には個体差があるようです。果実は7~10月ごろに熟します。

メリオデンドロン-1(20190409).jpg メリオデンドロン-2(20190409).jpg メリオデンドロン-3(20190409).jpg メリオデンドロン-4(20190409).jpg メリオデンドロン-5(20190409).jpg
撮影:2019年4月9日 京都府立植物園にて

名称:メリオデンドロン・キシロカルプム
科:エゴノキ科 メリオデンドロン属
園芸分類:花木
形態:落葉高木
原産地(分布):中国
品種名:
草丈/樹高:6~20m
開花期:4~5月
花色:淡桃色~白色
その他:和名は、「ダラカ(陀螺果)」


nice!(3)  コメント(0)