So-net無料ブログ作成
多肉植物 ブログトップ

ベンケイソウ [多肉植物]

ベンケイソウ科の植物の原産地は中国ですが、日本にも北海道と本州に自生種が生えています。それ以外にも全世界に広がっています。親しい種類だと混雑が激しく、非常に多くの地域で多くの種類のベンケイソウ科の植物が広がっています。
ベンケイソウは多肉植物に分類されます。ベンケイソウの特徴は葉が多肉であるとにより分かります。原産地が南アフリカの暑い地域ということで、深刻な水不足にもなるような場所です。そのために葉にたくさんの水分を蓄えておく必要があったため、このような形に進化したと言われています。
 薄い紅色の小さな花が群がって咲き、花弁は5枚で横に平らに開きます。萼片は5枚、雄しべは10本となります。
日本へは遣唐使などによって中国からもたらされたと言われています。
古名を伊岐久佐(いきくさ)といい、漢字では「活草」とも書きますが、これは枯れない強い草という意味が込められているとのことです。
その強さを武蔵坊弁慶になぞらえたのが名の由来です。

同じベンケイソウの仲間では「金のなる木」も有名なのではないでしょうか。金のなる木を想像するとどのような葉を持った植物なのかわかったという人も多いのでは!。

ベンケイソウ-1(20190927).jpg ベンケイソウ-2(20190927).jpg ベンケイソウ-3(20190927).jpg ベンケイソウ-4(20190927).jpg ベンケイソウ-5(20190927).jpg
撮影:2019年9月27日 京都府立植物園にて

名称:ベンケイソウ
科:ベンケイソウ科 ムラサキベンケイソウ属
園芸分類:多肉植物
形態:
原産地(分布):北海道から本州の中部地方。朝鮮半島、中国東北部、シベリア、モンゴル、ヨーロッパ
品種名:
草丈/樹高:30~80cm
開花期:7~11月
花色:
その他:


nice!(2)  コメント(2) 

サンゴアブラギリ(珊瑚油桐) [多肉植物]

サンゴアブラギリは中央アメリカ、西インド諸島、コロンビアが原産の落葉低木で幹がずんぐりトックリ状にふくらんだユニークな形になります。濃い朱色の小花をかためて咲かせますが、花だけでなくその下の軸の部分も花と同色になって、その様子が珊瑚に似ています、。また、5つに分かれた手のひら状の葉っぱを桐の葉に見立てて、合わせて「珊瑚油桐」の名前が付けられました。


サンゴアブラギリ-1(20190808).jpg サンゴアブラギリ-2(20190808).jpg サンゴアブラギリ-3(20190808).jpg サンゴアブラギリ-4(20190808).jpg サンゴアブラギリ-5(20190808).jpg サンゴアブラギリ-6(20190808).jpg サンゴアブラギリ-7(20190808).jpg サンゴアブラギリ-8(20190808).jpg サンゴアブラギリ-9(20190808).jpg
撮影:2019年8月8日 京都府立植物園にて

名称:サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)
科:トウダイグサ科 ヤトロファ属
園芸分類:
形態:常緑小低木、多肉植物
原産地(分布):西インド諸島、中米
品種名:
草丈/樹高:50~60cm
開花期:6~11月
花色:濃い朱色
その他:別名 トックリアブラギリ(徳利油桐)、イモサンゴ


nice!(1)  コメント(0) 

グリーンネックレス [多肉植物]

グリーンネックレスは名前の通り、グリーンピースのような玉状の葉が連なる姿が可愛らしい、人気の多肉観葉植物です。
茎は這うように伸び、そこにグリーンピースのような球状の葉を付けます。この葉は水分を内部に溜めておくためにこのような形になったと言われています。
冬から春にかけて白いポンポンとした形の花を咲かせます。花はいい香りがします。
こんなグリーンネックレスもキク科というから少し驚きです。普段イメージする菊とは大分異なります。グリーンネックレスの花をアップで見ると菊の花のように見えないこともありませんが・・・

グリーンネックレス-1(20181022).jpg グリーンネックレス-2(20181022).jpg グリーンネックレス-3(20181022).jpg グリーンネックレス-4(20181022).jpg グリーンネックレス-5(20181022).jpg グリーンネックレス-6(20181022).jpg グリーンネックレス-7(20181022).jpg
撮影:2018年10月22日 京都市伏見区にて

グリーンネックレス-13(20181104).jpg グリーンネックレス-15(20181104).jpg
撮影:2018年11月4日 京都市伏見区にて

名称:グリーンネックレス
科:キク科 セネキオ属
園芸分類:多肉植物
形態:
原産地(分布):ナミビア南部
品種名:
草丈/樹高:
開花期:9~12月
花色: 白色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ツメレンゲ(爪蓮華) [多肉植物]

葉は常緑性、多肉質で披針形で、先端は針状です。
株は根出葉が密生してロゼット状にまとまり、その径は最大12cmほど。季節により変化し、冬には若干小さくなります。根元からは盛んに腋芽を出し、群落を形成します。
10~11月に伸長したロゼットの中央軸が伸び上がって高さ10~30cmの花穂を塔状に立て、多数の花を円錐状に群生させます。花弁5枚では披針形で白色、葯は赤く、花弁に映えます。短日性で、花序の下方から順に咲き上がります。種子は微小で軽く、風によって散布されます。

ツメレンゲ-1(20171104).jpg ツメレンゲ-2(20171104).jpg ツメレンゲ-3(20171104).jpg ツメレンゲ-4(20171104).jpg ツメレンゲ-5(20171104).jpg
撮影:2017年11月4日 京都府立植物園にて

ツメレンゲ-16(20191109).jpg
撮影:2019年11月9日 京都府立植物園にて

名称:ツメレンゲ(爪蓮華)
科:ベンケイソウ科イワレンゲ属
園芸分類:
形態:多年生の多肉植物
原産地(分布):日本国内は関東以西の本州、四国、九州に、日本国外では朝鮮半島、中国
品種名:
草丈/樹高:10~30cm
開花期:10~11月
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 
多肉植物 ブログトップ