So-net無料ブログ作成

アデク [花木]

花期は5~7月です花序は茎の先端か葉腋から出る円錐状の散房花序で、長さ2~4cmで少数の花を付けます。花は白色で、萼は倒円錐形、花弁は4枚ありますがすぐに脱落すつようです。雄蘂は多数あって長さ3~4mmほど。
液果は球形で、紫褐色に熟して径は約7mmほど。
常緑性の小高木で、全株無毛、樹皮は赤褐色で鱗片状に剥げます。小枝は細く、その断面は四角です。葉は対生となります。

和名は沖縄方言に由来で、沖永良部島から八重山列島にかけての各地でアヂカ、アヂク、アディク、アデク、アドウクなど類似の方言名が知られているとのことです。材が硬いことからナタオレの地方名もあるようです。

アデク-1(20190717).jpg アデク-2(20190717).jpg アデク-3(20190717).jpg アデク-4(20190717).jpg アデク-5(20190717).jpg アデク-6(20190717).jpg
撮影:2019年7月17日 京都府立植物園にて

名称:アデク
科:フトモモ科 フトモモ属
園芸分類:
形態:常緑小高木
原産地(分布):九州南部から屋久島、種子島、および奄美大島以南の琉球列島。台湾、中国南部、ベトナム
品種名:
草丈/樹高:10~15m
開花期:5~7月
花色:白色
その他:


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。